ヴィンクス 第39回流通小売業向け研究セミナー「高齢化、人口減少時代に対応するマーチャンダイジング」

日本の人口は、2010年から2030年までの20年間に約1140万人(9%)減少すると予測されています。これは中国5県、四国4県を合わせた9県の人口に相当します。一人当り消費支出が変わらないと仮定して、人口減少による消費支出の減少を試算すると約26兆円(2010年GDP480兆円、消費を6割としてその9%)、小売業の年間商品販売額(物消費)は12.1兆円(2007年134.7兆円の9%)にも上り、その額は平成25年日本チェーンストア協会加盟58社8321店舗の売上12.7兆円にほぼ匹敵します。人口減少、高齢化による消費支出の質的変化(支出費目とウエイト)、商圏、購買チャネルのシフトなど、マーケットの変化と対応すべき方法について解説します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください