「北風と太陽」 安いモノがダメなら次は高いモノ?

 過去に幾度となく繰り返されてきたことだが、売上が低迷すると「価格訴求」「安さ」によって力ずくで売上を上げようとする。
 そのうち、安くしても売れなくなると、今度は他社の真似をして「高い」商品を売ろうとする。強制的に高い商品を並べて売り込むわけだから、これも安い商品を売ろうとした時と同じように、その本質は「力ずく」である。
 これでは、いつまで経っても、消費者は「なぜ商品を買うのか」「なぜ高くてもよい商品を買い」「安いのに商品を買わないのか」という本質的な理解は進まない。
 本質の理解がなければ、他社が何故高い商品を扱い、何故消費者がそれを買うのかということも理解できない。ただ表面だけを見て、売れているという商品や価格を真似ている限りは、どちらも力ずくであるから、イソップ寓話の「北風と太陽」の教訓がいかされない。
 問題は、高い商品を扱うか、安い商品を扱うかということではなく、自分が「北風」だということを理解することなのだが、.....。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください