電球を買えても一人で換えられない

 2015年からの10年間は、高齢者の中でも世帯主の年齢が75歳以上の世帯・単独世帯が急増する。特に女性の単独世帯に占める65歳以上の割合は2013年46.6%、2025年50.9%、2035年56.4%となり、女性の単独世帯は高齢者女性の代名詞に変わる。
 電球を買えても一人で換えられない世帯=消費サイクルを一人で完結できない世帯の増加は、物販からサービスへとマーケットニーズを大きく変える。
 サービス化が進むと、これまで一般に小売されていた商品は消費財から生産財へと変わり、小売マーケットは人口減少・高齢化の影響以上に縮小する。
 サービスの生産性向上が重要な意味を持つ時代になっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください